お店TOP>家電>情報家電>情報家電 その他>エレコム Type-Cドッキングステーション ブラック(DST-C07BK) (1コ入)

【エレコム Type-Cドッキングステーション ブラック(DST-C07BK)の商品詳細】
●USB Type-Cコネクタでパソコンに接続し、パソコンを充電しながら、USB3.0機器やVGAディスプレイを接続できるドッキングステーションです。
●ケーブルが本体にピタッと収納でき、軽量でスリムな設計なので、持ち歩きに便利です。
●パソコン本体との接続は、最大5Gbps(理論値)とUSB2.0の約10倍の超高速データ転送を実現するUSB3.1 Gen1に対応しています。
●USB Type-Cコネクタを経由して最大100Wの大電力をデバイス/パソコン本体に供給するPower DeLiveryに対応しています。
●USB Type-C電源アダプターを接続することで、本製品を経由し、パソコン本体を充電することができます。
●USB3.0に対応したUSBポートを搭載しています。
●パソコンから外部モニターへ映像出力ができるVGAポートを搭載しています。
●USB Type-Cコネクタは、オモテとウラがなく、向きを気にせず差し込み可能です。
※パソコン充電用のUSB Type-C電源アダプターは付属しておりません。パソコン本体付属のUSB Type-C電源アダプタをご使用ください。
※USB Type-Cコネクタを標準搭載するパソコンでのみ使用可能です。

【規格概要】
対応OS:Windows10/8.1/7、macOS Mojave(10.14)以降 ※各OSの最新バージョンへのアップデートや、サービスパックのインストールが必要になる場合があります。
コネクタ仕様(アップストリーム):USB3.1 Type-C(Gen1(5Gbps)、PowerDeLivery対応(PD3.0、最大100W)、DispLayPort ALt mode
USBポート(ダウンストリーム):USB3.1 Type-C(Gen1(5Gbos))メス*1、USB3.0 Standard-Aメス*1(供給電力値:2ポート合計10W(5V/2A))
映像出力ポート(ダウンストリーム):VGA(D-sub 15pin.)(1920*1200@60Hz)*1
電源方式:USB Type-C端子メス(PD3.0、最大100Wまで)
ケーブル長:約0.17m(コネクタ含む)
カラー:ブラック
外形寸法:約90*16*60mm(ケーブル含まず)
重量:約58g(ケーブル含む)
動作環境:0-40度/10-90%RH
保証期間:1年間
その他:パッケージ内容(本体、取扱説明書)

【ブランド】
エレコム(ELECOM)

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
エレコム

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

エレコム
541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 9F
0570-084-465

広告文責:株式会社
電話:050-5306-1825

[情報家電/ブランド:エレコム(ELECOM)/]
<a href=KYB カヤバ ハイエース レジアスエース 200系 TRH214W TRH224W ショックアブソーバー セット 1台分 Extage SET E-S21901251 配送先条件有り"/>

●日本正規品● エレコム ブラック(DST-C07BK)(1コ入)【エレコム(ELECOM)】 Type-Cドッキングステーション-USBハブ

●日本正規品● エレコム ブラック(DST-C07BK)(1コ入)【エレコム(ELECOM)】 Type-Cドッキングステーション-USBハブ

安心と信頼の実績があります

BESILENT Sweaters メンズ

CC COLLECTION CORNELIANI Turtlenecks メンズ

実際に上位表示されているサイトを見れます!

枠の下

●日本正規品● エレコム ブラック(DST-C07BK)(1コ入)【エレコム(ELECOM)】 Type-Cドッキングステーション-USBハブ

上位表示される高度な技術

WEB製作会社にはできないSEO専門会社だからこそできるSEO施策、情報の解析、アルゴリズム分析があります。

SOALLURE Midi Dress レディース

枠の下

●日本正規品● エレコム ブラック(DST-C07BK)(1コ入)【エレコム(ELECOM)】 Type-Cドッキングステーション-USBハブ

コネクトSEOの新着ニュース

枠

●日本正規品● エレコム ブラック(DST-C07BK)(1コ入)【エレコム(ELECOM)】 Type-Cドッキングステーション-USBハブ

SEO業界の新着ニュース

枠の下